すき家

すき家のねぎ塩レモン牛丼を実食した!値段といつからいつまで?も調査

ねぎ塩レモン牛丼

ねぎ塩レモン牛丼がすき家から新発売されます。夏季限定の商品のようです。こちらの商品は、すき家特製岩塩ガーリックだれをかけたたっぷりの青ねぎと、皮ごと食べられるレモンを牛丼に合わせた商品です。岩塩ガーリックと砂糖漬けレモンが添えられているので、暑い夏にも食欲をそそる商品となっています。この夏の期間限定の商品となっていて、この記事では、そのお値段や、いつまで発売されるか、について記事にしています。



すき家のねぎ塩レモン牛丼の発売日はいつ?

この商品は ↓

2021年 8月18日(水)

から発売されます。全国のすき家1,943店舗で販売予定です。(8月11日時点)



そそられる店頭のポスター広告!


ねぎ塩レモン牛丼のお値段は? いつまで販売される?

"ねぎ塩レモン牛丼のお値段は、並盛税込み価格で500円です。

盛りの大きさ別でのお値段は現時点で、公表されていませんが、並盛が同じ価格の定番商品の、「とろ〜り3種のチーズ牛丼」と同じになると思われます。参考までに、「とろ〜り3種のチーズ牛丼」の盛りの大きさの別のリンクを置いておきます。(参考 同盛別の価格→ミニ:440円、並盛500円、中盛630円、大盛630円、特盛780円、メガ930円)

また、いつまで販売されるか、ですが、9月上旬までとなっています。



実際にねぎ塩レモン牛丼を食べてみた!

すき家のねぎ塩レモン牛丼が、どんなもんなのか、実際に食べに行ってみました。9月半ばでしたが、まだ、販売中でした。

カウンター席に貼られた広告のシール

ごはんを控えめにしたいから、どうしようかと迷った上で、メニューにごはん少なめ+肉1.5倍の「中盛」があったので、これを注文しました。630円です。早速、商品がでてきました。

ねぎ塩レモン牛丼、中盛です。

「中盛」ですが、丼の形状が、朝顔状の、くびれたような形となっていて、高さはそのままで、ごはん部分が少なめに盛り付けられるものとなっていました。おもしろい。

上からです。

食べてみての感想ですが、いつもの牛丼とは違って美味しい味わいです。レモン風味に特徴があるというよりは、ニンニクだれのかかったネギの方に特徴があると感じました。レモンはそのまま食べられます。レモンは要らないとも口コミもみましたが、アクセントになっていてよかったです。

いつもの、しょうがと七味もかけてみましたが、このねぎ塩レモン牛丼に関しては、かえって合わない感じがし、私は、不要と思いました。「たかが、レモンとネギがのってるだけじゃん!」と思っていましたが、新しい味で楽しかったです。



まとめ

「ねぎ塩レモン牛丼」に特製レモンが入っているので、想像しただけで、口の中に唾がでてきます。夏の暑い季節にぴったりの商品ですね。また、同日に姉妹商品とも言える、「サーモン丼ねぎ塩レモン」と「牛カルビ丼ねぎ塩レモン」も発売開始されるので、ぜひ、試してみてくださいね。



楽しみ!

-すき家
-

© 2021 速食通信 (ファストフード通信) Powered by AFFINGER5